See more details
Title List

スポンサーサイト

Read More »

Yo-Yo Ma (´97) 聴き終わったあとに残るものは、腕っぷしの強さだ。旅人の衣服をどちらが脱がせることができるかで、風と太陽が競争する童話があったが、マは風そのものだ。聴かせるテクニックは豊富。それも表現のひとつだろう。だが表現はひとつだけではない。表面は金なのに鉄の味がする。旧譜よりも数段上の出来だが、ビルスマ先生に何を習ったのかな?Pieter Wispelwey (´98) バロックアプローチの成功作。ニュア...

Read More »

Lluis Claret (´93)  可もなく不可もなく、色でいえばグレー一色といったところ。口当たり良くソツなく弾いているが、それ故何の抜けもないだろうといった、一種あつかましさを感じるのは私だけだろうか? ソツがないだけの音楽に、心を動かされたことはない。伝わってくるものが、中心からほんの少し離れているように思える。Antonio Meneses (´93) ライナーノーツによれば、使用楽器はかつてカザルスが使っていた...

Read More »

Rocco Filippini (´89) 遊びが少なく、真摯に取り組んでいる。正確なテクニックと、楽曲にのめりこむのではなく、ほんの少し距離をおいたような客観性めいたものを感じる。エコーの少ない録音状態で楽器(ストラド)の音色の良さも堪能できる。内容も繰り返し聴くに足りる演奏だ。Robert Cohen (´90) 楽曲を自分の側に引き寄せて、それを個性(我流)と呼ばせるようなところから離れた地点にいる、と思わせる演奏。僅...

Read More »

Anner Bylsma (´79) バロックアプローチの代表の一人。その名に恥じない出来栄え。特にNo.3の凄み。No.6では少し失速気味か。この録音には傑出した作品のみに感じられる深み、ある意味のそっけなさ、品格を感じる。ワインで言えばフィネス溢れるブルゴーニュの古酒の趣き。聴き継がれていくべき作品だ。Yo‐Yo Ma (´82) すばらしいテクニックだが、荒っぽく技量のひけらかしのようをに思えて、心にしみじみ伝わっ...

Read More »

 気に入った曲(J・S・バッハ 無伴奏チェロ組曲)があって、それをたどるといろいろな事が見えてくる。解釈、楽器、録音状態、時代背景等。それぞれの違いが面白くて、機会を見つけては買うようにしていたら、気がつくと80枚以上が手元にある。逆に言えば、それ程多くの演奏家に取り上げられる事自体、曲の出来が素晴らしいという証明である。 自由な立場から聴いたままをラフなスケッチにまとめてみた。スケッチというより...

Read More »

Recent Pics

スケッチ オブ バッハ「無伴奏チェロ組曲」 その5

Yo-Yo Ma (´97) 聴き終わったあとに残るものは、腕っぷしの強さだ。旅人の衣服をどちらが脱がせることができるかで、風と太陽が競争する童話があったが、マは風そのものだ。聴かせるテクニックは豊富。それも表現のひとつだろう。だが表現はひとつだけではない。表面は金なのに鉄の味がする。旧譜よりも数段上の出来だが、ビルスマ先生に何を習ったのかな?Pieter Wispelwey (´98) バロックアプローチの成功作。ニュア...

スケッチ オブ バッハ「無伴奏チェロ組曲」 その4

Lluis Claret (´93)  可もなく不可もなく、色でいえばグレー一色といったところ。口当たり良くソツなく弾いているが、それ故何の抜けもないだろうといった、一種あつかましさを感じるのは私だけだろうか? ソツがないだけの音楽に、心を動かされたことはない。伝わってくるものが、中心からほんの少し離れているように思える。Antonio Meneses (´93) ライナーノーツによれば、使用楽器はかつてカザルスが使っていた...

スケッチ オブ バッハ「無伴奏チェロ組曲」 その3

Rocco Filippini (´89) 遊びが少なく、真摯に取り組んでいる。正確なテクニックと、楽曲にのめりこむのではなく、ほんの少し距離をおいたような客観性めいたものを感じる。エコーの少ない録音状態で楽器(ストラド)の音色の良さも堪能できる。内容も繰り返し聴くに足りる演奏だ。Robert Cohen (´90) 楽曲を自分の側に引き寄せて、それを個性(我流)と呼ばせるようなところから離れた地点にいる、と思わせる演奏。僅...

スケッチ オブ バッハ「無伴奏チェロ組曲」 その2

Anner Bylsma (´79) バロックアプローチの代表の一人。その名に恥じない出来栄え。特にNo.3の凄み。No.6では少し失速気味か。この録音には傑出した作品のみに感じられる深み、ある意味のそっけなさ、品格を感じる。ワインで言えばフィネス溢れるブルゴーニュの古酒の趣き。聴き継がれていくべき作品だ。Yo‐Yo Ma (´82) すばらしいテクニックだが、荒っぽく技量のひけらかしのようをに思えて、心にしみじみ伝わっ...

スケッチ オブ バッハ「無伴奏チェロ組曲」 その1

 気に入った曲(J・S・バッハ 無伴奏チェロ組曲)があって、それをたどるといろいろな事が見えてくる。解釈、楽器、録音状態、時代背景等。それぞれの違いが面白くて、機会を見つけては買うようにしていたら、気がつくと80枚以上が手元にある。逆に言えば、それ程多くの演奏家に取り上げられる事自体、曲の出来が素晴らしいという証明である。 自由な立場から聴いたままをラフなスケッチにまとめてみた。スケッチというより...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。